トリガー要因、促進要因および悪化要因: パーキンソン病の新しい仮説

Print

 

パーキンソン病は、医療業界で最もとらえどころのない問題の1つです。 近年のこの分野の進歩にもかかわらず、大部分のケースでは、それがどのように始まったのか、それが病気の進展にどのように影響するのか、そしてなぜその現象や印象が人によって異なるのかまだわかりません。 さらに重要なことに、世界中の研究所で数十億ドル使い、数え切れないほどの労働時間を経ても、病気の進行を変えることができる治療法はまだありません。

Michaela Johnson博士、Viviane Labrie教授、Lena Brundin教授、およびPatrik Brundin教授、(Benjamin Stecher)は、ジャーナルTrends in Neuroscienceに掲載された論文の中で、パーキンソン病を理解できない理由の説明を提示します。 。 その理由の一部は、パーキンソン病を単一の病原体が原因であるかのようにパーキンソン病の研究に費やしたことにあると考えています。 これまでのところ、パーキンソン病を研究している研究室は、モデルとしての変動の量を減らすためにできる限りのことをして、それを疾患として研究しようとしています。 しかし、パーキンソン病を患っている人の部屋に入ると、振戦からしゃがみ歩き、硬直した姿勢、凍った顔面、上に述べたすべてのユニークな組み合わせまで、さまざまな症状が見られます。 そして、彼らが自身の病気についてあなたに話すとき、あなたは慢性的な痛み、睡眠障害、言語障害、幻覚などを聞くでしょう。 病気はこれをどのように説明できるでしょうか。

私たちがお勧めするのは、これは病気ではなく、パーキンソン病の広範な徴候の 下で複雑化している一連の異なる病気であるということです。 しかし、パーキンソン病が一連の疾患の総称であると考えるのは私たちが最初ではありません。 私たちが提唱する新しい点は、これらの病気の原因となる要因は3つのカテゴリーに分類できると考えていることです。それらをトリガー、ファシリテーター、そして悪化要因と呼びます。 これらの要因は疾患のさまざまな段階に対応し、パーキンソン病とその進行につながる事象の連鎖反応を分類します。

tfa japanese

「トリガー要因」は物事を駆り立てる火花です。 それらは通常症状の発現の数十年前に発生し、特定の殺虫剤や感染症にさらされた後に腸や鼻で始まることがあります。 しかし、これらの引き金にさらされているほとんどの人はパーキンソン病を発症することは決してありません。なぜなら彼らは「促進要因」を持っていないからです。 促進因子は、慢性炎症または特定の遺伝子変異などのさらなる損傷を引き起こす最初の引き金をひきます。引き金が火花を出せば、発症のきっかけとなる要因は発火します。 最後に、この有害なプロセスを真に雪だるま式に増えるものにするためには、「悪化要因」が必要です。 その名前が示すように、悪化要因は病気のプロセスを悪化させ、さらにそれを損傷し、脳全体に広がる可能性があります。

3つのフェーズの間に境界はなく、いくつかの要因が複数のカテゴリに分類されることに注意してください。 さらに、さまざまな引き金、補因子、および悪化要因があります。 この多様性は、なぜ私たちがパーキンソン病患者に非常に多くの違いを見ているのかを説明することができます。 進歩しました。

パーキンソン病を3つの仮の段階に分けることは、パーキンソン病を治療する方法にとって重要です。 より早く病気を止めたいのであれば、誘発要因や促進要因を検討する必要があります。 しかし、すでに症状を発症している人にとって、最も効果的な治療法は病気の悪化要因を排除することかもしれません。

我々の提案は不完全である可能性があり、カテゴリーはまだ改善を必要としているかもしれず、そして私達が考えていない二次カテゴリーと治療の例外があるかもしれません。 私たちは、これが病気のより微妙な理解につながり、そして最終的には進行を変える可能性がより高い療法につながることを願っています。 我々の勧告はまた、我々が様々な異なる治療を必要としていることを意味し、その各々は正しく患者の予備群に、そしてもし有効ならば適切な病期に適用される必要があります。 これはパーキンソン病の治療方法や臨床試験のデザインの複雑さを増しますが、各個人の疾患の進行を変えることは非常に重要です。

将来を見据えて、トリガーをテストし、促進要因を増 やしたり、要因を悪化させたりする道順を見つける必要があります。 私たちはこれが私たちを大いに必要とされる治療法に近づけるであろういくつかの革新的な思考と新しい実験を刺激することを望みます。

 

トリガー要因、促進要因、および悪化要因の間で起こりうる相互作用の2つの例のグラフ

TFA examples

A)バクテリアまたはフィルターウイルスは消化管感染症を引き起こし、それが腸内でのαシヌクレインの蓄積を引き起こします(パーキンソン病の原因と考えられています)。 LRRK2突然変異による異常な腸管調節(遺伝的変異)炎症は腸から中枢神経系(CNS)への疾患の拡大を促進します。 アルファシヌクレインの増殖は、細胞がタンパク質凝集体を適切に処理すること を妨げ、それが脳内の疾患の拡大を悪化させ、黒質(運動の制御に重要な脳領域)および他の細胞の喪失をもたらしま す。脳の領域

B)農薬の吸入は、嗅球(臭いの原因となる脳の一部)にα-シヌクレインの蓄積を引き起こします。 加齢が嗅覚壁の保護層を損傷し、環境ストレスをより受けやすくするので、高齢者への曝露は中枢神経系へのα-シヌクレイン損傷のさらなる拡大を促進する可能性があります。 神経炎症は病状を広げ て悪化させ、黒質および他の脳領域における細胞喪失をも たらします。

 

Revised with the help of Nobuko Haneji

Original Version

1 Comment

  1. Pingback: Tomorrow Edition - Triggers, Facilitators and Aggravators: A New Hypothesis of Parkinson’s disease

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s